大阪府立大學

リハビリテーション分野で活躍されている海外の先生らの國際オンライン教育講演を開催

更新日:2021年9月22日

本學の総合リハビリテーション學類 総合リハビリテーション學研究科では、國際社會に貢獻できる高度専門醫療人の育成を目的として、國際交流に力を入れています。その一環として、リハビリテーション分野で世界的に活躍されている先生方に、オンラインでご講演いただきました。

第1回目の教育講演(6月28日)では、University Children’s Hospital Zurich(スイス)のKakebeeke博士(理學療法士)に、「神経細胞群選択理論」に基づく運動発達?制御のメカニズムについての講演をしていただきました。この講演會には約60名の學類生?大學院生らが參加し、リハビリテーション學の基本となる運動発達や運動制御に関する最先端の知見を學ぶことができました。

第2回目の教育講演(7月19日)では、Ecole d’Assas(フランス)の學長 Jean-Jaques Debiemme先生と、同學講師の立花祥太郎先生に、フランスの理學療法教育の実情や活動について講演いただきました。Debiemme先生にはフランス語で講義いただき、それを立花先生が英語翻訳をされ、ご自身も英語で講義をされました。質疑応答では日本語を含めた3カ國語でのディスカッションが行われるなど、普段経験することができないグローバルな空気を體感できる貴重な機會となりました。

ゲストプロフェッサー事業では、7月12日、7月26日、8月2日の3回にわたり、國立成功大學(臺灣)のPai-chuan Huang先生に臺灣の作業療法の制度、実際、研究についての講演をしていただきました。また、8月9日にはこれまでの総括的な內容でオープンセミナーとして講演をしていただきました。

本學類?研究科では、日々グローバルな発展を遂げているリハビリテーションの分野において、國際的に活躍できる高度専門醫療人の育成に向け、今後も様々な形で國際交流に力を入れていきます。

関連情報

お問い合わせ

大阪府立大學 大學院 総合リハビリテーション學研究科

教授 竹林 崇

Eメール takshi77[at]rehab.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。
长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看