大阪府立大學

副専攻

副専攻とは、屬する學域?學類?課程で卒業をめざす主専攻に加え、學域?學類?課程の區分を越えて、一人ひとりが主體的に興味関心のある分野を學修する制度です。本學では、ものごとを複數の見地から見つめ、考察することができる人材を養成するために平成24年度から7つの副専攻を開設しています。

各副専攻において所定の単位を修得すると、「副専攻修了証書」が授與されます。

DDC フランス語コミュニケーション學

少人數制で、フランス語のコミュニケーション力、プレゼンテーション力養成を主眼に授業を展開します。事前に、本學が提供しているフランスへの留學プログラムに參加することが勧められます。なお、ダブル?ディグリー?コース(DDC)留學を成功させるために高い英語能力あるいは現代社會における思想?課題の知識を持つ必要があります。

(注釈)ダブル?ディグリー?コースとは、大學院において、フランスの學術交流協定大學との共同指導によって、日仏雙方で學位を取得する道が開かれていることを意味します。

【対象】全學域生

環境學

21世紀の安全?安心な生存可能性を実現するためにも、今を生きる現代人は、持続可能な低炭素社會、循環型社會の形成へ向け、多様な環境問題を複合的?科學的な視點から正しく理解することが重要です。

このような「環境人材」の育成をめざして、環境に関する基礎的?學際的な講義科目、環境活動を実踐する演習科目、既存の文系?理系學類の開設科目を活用し、人間科學、社會科學、自然科學の幅広いアプローチにより、人間の生活空間を取り巻く環境とその人間、動植物等の生態系への影響について基本的な理解を促します。

【対象】平成26年度入學生までは全學域生、平成27年度入學生以降は現代システム科學域環境システム學類以外の學域生

関連情報

環境人材育成のための教育プログラム Webサイト

情報システム學

現代の社會システムが大規模化かつ複雑化により発生した社會問題や、少子高齢化の進展に伴い、新しい思考で持続的な成長を考えることが不可欠となっています。こうした狀況に対応するために、あらゆる産業分野において情報通信技術(ICT)を活用し、情報システムの開発?構築ができる人材が求められています。

主専攻の専門知識や技術に加え、情報技術に関する基礎科目、情報システムに関する専門科目、情報システム構築のための演習科目を効果的に組み合わせることにより、情報システムを構築できる人材の育成をめざします。

【対象】現代システム科學域知識情報システム學類および工學域電気電子系學類情報工學課程を主専攻とする學生以外の學域生

認知科學

技術の発展は、我々の暮らしを豊かにしてくれますが、一方では、情報弱者ということばに代表されるように、新しい困難をもたらすこともあります。人間の豊かな生活を支えるための情報技術を生み出していくためには、人間の心のはたらきと情報科學を相互に學ぶことが必要です。

認知科學では、心理學、認知科學、コンピュータサイエンス、言語學を學ぶことを通して、人間の認知過程と情報科學を統合的に學び、人間にとって真に意味のある情報技術を探るとともに、人間の心のはたらきを探るための情報技術の利用法について學習していきます。

【対象】全學域生

経済學

現代社會は國際化、IT 化、環境問題、少子高齢化など、様々な課題に直面しています。このような現代の多様な問題に対して、経済學は、人間の行動をインセンティブの観點から分析することで、非常に重要な分析のためのフレームワークを提供しています。

経済學の理論的?実証的な分析能力を習得する教育プログラムなので、公務員を志望、コンサルタント志望、シンクタンクで働くことを希望している幅広い學生のニーズに応えることをめざしています。

【対象】現代システム科學域マネジメント學類以外の學域生

(注意)2021年度入學生は履修対象外

グローバル?コミュニケーション

グローバル化が急速に進んだ21世紀社會においては、多くの問題に直面した國際社會の中で活躍できる、「グローバル人材」の育成が急務とされています。

國際社會で活躍する次世代型リーダーの育成をめざし、異文化理解や社會共生のために必要な知識を得るための講義科目、國際社會でのコミュニケーション能力の向上を図る演習科目、海外語學研修やインターンシップといった実踐的な活動を重視した科目を履修することにより、高いコミュニケーション能力と幅広い知識を生かして國際社會における複雑な問題解決に寄與できる能力を育成します。

【対象】全學域生

(注意)2021年度入學生は履修対象外

地域再生(CR)

地域の現場體験や実踐的な演習、さらには地域の現場で活躍している実務家による講義などを通して、地域で活躍するために必要となる基礎的な知識や技術を育成します。また、學生自らが地域の課題を解決するための提案を発表することや、地域活性化のための企畫を運営することなどを通して、地域で主體的に活躍するマインドを身につけます。

【対象】全學域生

創薬科學

國內外の製薬企業で活躍できるグローバルな創薬研究者、特に成長する醫薬品の世界市場で主流となりつつある高分子醫薬である「バイオ醫薬品」開発に従事できる優秀な人材の養成を目的としたプログラムです。疾病原因の解明、醫薬品設計や合成、薬剤送達法の開発、タンパク質やペプチドの調整、さらには動物を用いた薬物動態や毒性病理実験までの創薬プロセスを理解し遂行できる確かな知識と技術を學びます。

【対象】全學域の學生対象(但し、2020 年度以降の入學生に限る。また、カリキュラムは創薬科學研究に関連の深い生命環境科學域、工學域を主な対象として編成。1學年定員20名。)

长津湖电影完整版免费观看-长津湖战役电影全集观看